自動車ディーラーの資格

TOPページ >> その他 >> 資格

自動車ディーラーで活かせる資格はあるのか!?

→オススメの転職エージェントをご紹介!

現在、就職は厳しい環境にあります。不況が続いていることもあって、どこも採用にあまり積極的ではないからです。そこで他社との差別化を図るために、資格を取得してアピールする人も多いです。では、自動車ディーラーに転職をする場合、何か資格を取得しておけば採用される可能性はアップするでしょうか?

自動車ディーラーに就職するにあたって、必ず必要な資格はありません。ですから資格なしでも、自動車ディーラーに就職している人もいます。しかし就職する確率を上げるために、関連する資格を取得することはプラスになるケースもあります。そこで自動車ディーラーに転職をするために有効な資格を、いくつか紹介しておきましょう。

最近の自動車ディーラーを見てみると、中古車も取り扱っているケースが多いです。また、お客さんの自動車を買い取りして、その買取額を差し引いて自動車の販売をする下取りサービスを行っている所も多いです。このような自動車ディーラーでは、「中古自動車査定士」という資格があると有利に働く可能性があります。中古自動車査定士には、小型車と大型車の資格があります。小型車の場合には、ふつう運転免許証を取得していて、自動車の販売もしくは整備の半年以上の実務経験を持っている人が対象になります。そのうえで、協会が指定している3日間の研修を修了すると受験資格が与えられます。学科と実技試験とがあって、実技試験では実際に乗用車の査定を行ってもらいます。中古自動車査定士の資格を持っていれば、自動車の査定を行う技量を持っていることになり、自動車ディーラーとしても下取りの即戦力として期待が持てるわけです。

自動車ディーラーに実際に訪れたことのある人はお分かりかと思いますが、自動車保険の代理店としての役割も担っている所が多いです。自動車を購入するときについでに自動車保険に加入する人も多いです。そうすれば面倒な手間を一つの所で一気に完了することができてしまいます。そこで自動車ディーラーとして働くのであれば、損保一般試験を受験して資格取得をしておくと良いでしょう。そうすれば、自動車保険の販売ができますし、契約するにあたっての重要事項説明を担当することもできるようになります。

このような資格を取得しているのであれば、面接などの時にはアピールすることが重要です。中途採用の場合、特に即戦力になりうるということを重点的にアピールすることが大切です。面接試験などは、自分の売り込みをする場と認識しましょう。

ディーラーの求人探しならこのサイトがオススメ!

ランキング 第1位
サービス名 リクルートエージェント
対応エリア 全国
運営会社 株式会社リクルートキャリア
ランキング 第2位
サービス名 マイナビエージェント
対応エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ
ランキング 第3位
サービス名 ヒューマンタッチ
対応エリア 全国
運営会社 ヒューマンタッチ株式会社

© 2013-2015 【自動車ディーラー転職ガイド】